三江線 


おはようございます

今日は三江線
3月いっぱいで路線の廃止です

人が乗らないからしょうがないね・・
と 多くの人が思うでしょう
でも身近にもそんな話が沢山
可部線もそうですし
広島市内ではバスの横川からの空港線
赤字だからと無くなりました
郊外の団地路線は減便続きです

名古屋市では民間のバス事業者が撤退
市内の約9割が市営バスです
年間約60億円もの税金を投入して維持しています

公共交通と言われるものを
独立採算性に任せると
ほとんどの路線が無くなります

1.JR西日本は2016年純利益が856億円
  この利益を赤字のところにまわす
2.「公共交通」ですから税金で補う

路線維持には上の様に二つの方法がありますが
社内で補うにも限界があります
いずれ破綻してしまいます
一定の税金を投入するしかないんです

「公共交通」と言われるものは
じつは独立採算制で運営しています
コンビニが新しく出来たり閉鎖するのと同じで
赤字になれば無くなるのは必然です
当面社内で補っているだけですから・・

三江線の現実を見て
身近な公共交通も考えてみる必要があります
税金を一定程度入れないと
「公共交通」とは言えない乗り物について・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jun444499.blog51.fc2.com/tb.php/2840-5763c82f