FC2ブログ

クローン 


おはようございます

中国でサルのクローンが誕生 です
約20年前にイギリスで ドリー と名付けられた
羊のクローンが誕生して 世界をびっくりさせました

一口にクローン技術と言っても色々あります
大きく分けると
受精卵クローンと体細胞クローン
すでに受精卵クローンについては
牛などが食用として出回っています
皆さんも食べています

一方 体細胞クローンは
研究などでは認められていますが
市場に流通することが無いように
農林水産省が徹底的に管理しHPでも公表しています
これは致死率が高いために
安全性が担保できていないからです

中国の体細胞クローン サル
新聞にあるように 意味が無いです
しかし中国の科学者は
「霊長類のクローンを作る技術は確立された」
と 世界で禁止されている
人のクローン作りも可能のような発言

この研究者たちは何を考えているのか・・

生命 特に人間の体は
不明な点が多すぎます
それを科学ですべて解決しよう
そんな妄想はやめたほうが良い

化学が暴走する例は
オッペンハイマーやアインシュタインが後悔した
原子爆弾の開発と投下でわかるでしょう
化学には世界基準の倫理規則が必要です

早急に霊長類の体細胞クローン研究の禁止
世界で取り決めましょう

今日も寒い寒い
でも元気に頑張りましょう

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jun444499.blog51.fc2.com/tb.php/2851-eeae3a16